川崎市宮前区鷺沼駅徒歩5分。自宅にて少人数制のお菓子教室をしておりました。現在は主人の海外転勤に伴いお休みさせていただいております。


by mamiscuisine

<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


Buenas tardes
南米Colombiaより
異国の地での
生活と手作りスィーツを
ご紹介しています
Mami です




e0199080_01303354.gif



マチュピチュへの
玄関口の街
クスコ
標高3400mに位置し
インカ時代の石組と
スパニッシュコロニアル建築の
美しい街並みは
世界文化遺産に
登録されています


富士山頂と同じくらいの
標高なので
早歩きや階段を
登ると息切れがします
頭が痛くなったりする人も
いるようなので要注意です

e0199080_01485252.jpg



インカ時代の人々は
地震に強い造りにするため
大きな石を削り、磨き
紙切れ1枚も入らないほど
隙間なくぴったりと
組み合わせました
中でも↑はよく見ると
12角の石が
パズルのようにぴったり


e0199080_01354673.jpg





クスコ中心
アマルス広場と
カテドラル
インカの人々の石組の上に
侵略したスペイン人が
コロニアル調建築
そのふたつがマッチした
とても美しい街並み

カテドラル内の
「最後の晩餐」の絵の
キリストの皿には
クイ(=アンデスでは昔から
貴重なたんぱく源として
食べられているモルモット)
が描かれているのが
ペルーらしいです


e0199080_01363462.jpg


現在はサント・ドミンゴ教会
になっていますが
インカ時代にはコリカンチャ(太陽の神殿)
が建っていました
コリ(=黄金)というように
内部の壁や像にたくさんの
金が使われていたようです
スペイン人はこれらの金を
運び出したのち
石組を残しその上に教会を
建てたそうです

3という数字を大切に
考えていたインカの人々
入口や窓は3つ
安定の良いように台形型
また神聖な場所ほど
石組がきっちりと
組み立てられたそうです


e0199080_01372550.jpg

クスコから
オリャンタイタンボの一帯は
聖なる谷と呼ばれ
インカ道が続いており
遺跡がいくつか
残っています

まずは
サクサイワマン
クスコの街を見守る要塞
巨大な石が積み上げられ
完成までに80年かかったとか
よくみると神聖なものと
されている3つのもの
ピューマ、コンドル、ヘビが
型どられた石もあります

e0199080_01390446.jpg

プカプカラ
赤っぽい安山岩と石灰岩で
造られていることから
赤い要塞と呼ばれる遺跡
関所のような役割の場所

タンボマチャイ
標高3675mに位置する
水の信仰にまつわる遺跡

e0199080_01370244.jpg
オリャンタイタンボ
クスコとマチュピチュを
行き来する人が利用した
休憩所
山と山の谷間(聖なる谷間)の
この場所は豊かな水や気候が
農業に適しており
山の斜面には段々畑が
広がっています
こちらの山肌の岩にも
コンドルや神の姿を
したものがあります
遺跡は未完成のままで
放置されており
大きな岩が至る所に
ころがっています


文字もない400年もの
昔にこのような大きな
石を山から運び
積み重ねた技術
そして今でも
その姿が残っている事に
感動しました












HPはこちらお問い合わせはこちら


[PR]
by mamiscuisine | 2018-01-15 00:07 | 旅行 | Comments(0)

Buenas tardes
南米Colombiaより
異国の地での
生活と手作りスィーツを
ご紹介しています
Mami です

年明けより
ペルー旅行を
してきました

南米に住んでいるからには
訪れたいと願っていた
世界遺産の
マチュピチュ

今から400年も昔
インカの時代に
2400mの山中に築かれた
空中都市


e0199080_07095547.gif


日本からだと2回乗り継ぐこと
30時間
ボゴタからですと
3時間弱の
時差はなし
この機会を逃すわけには
いきません

まずはマチュピチュへの
玄関口の街
クスコへ
ここからマチュピチュへ
向かう列車が出て
いますが雨期(10~4月)は
土砂崩れの恐れがあるので
車で2時間弱行った
お隣駅オリャンタイタンボ駅から
乗車すること2時間弱で
マチュピチュ駅に到着です


e0199080_11084406.jpg



この日はマチュピチュの宿で1泊
次の日は早朝6時に
マチュピチュ遺跡へ向かう
バスに乗ります
雨期なので半分覚悟は
していましたが
天候は雨…
ここ数年人気の
観光地なので南米人は
もちろん欧米や日本を始め
アジア人の観光客で
長蛇の列です

急カーブを繰り返し
バスに揺られること30分
ようやく遺跡の入口に到着

まずはマチュピチュ遺跡の
背後にそびえたつ
ワイナピチュ(=若い峰)
を目指して登山


e0199080_11432480.jpg




一日400人の予約限定
なんて聞いたら
登ってみたい!と
軽い気持ちで予約しましたが…
まずは入山時刻と
万が一事故があっても自己責任です
とのサインをし入山
ちょっと急な道なんて
思っていたらどんどん急勾配に
道幅も狭くなり断崖絶壁
捕まるロープなんかも
あったり
でもね柵はないんです
霧がかかって下の景色が
見えない方がかえって
良かったのかも
一歩踏み外したらと
想像するだけで恐ろしい

e0199080_11405658.jpg




なんとか家族全員
無事に山頂まで到着
するとさーっと一瞬霧が
晴れて眼下にマチュピチュ遺跡が
広がりとっても幻想的
今まで霧で真っ白と
ぼやいていたのが噓のよう
まさに天空の城

「あの地平線〜♪」と
ラピュタの歌が頭の中で流れました

この景色のために
頑張って登った甲斐が
ありました


e0199080_11411896.jpg



登るのも大変だったけど
下山も結構キツイ
改めて見ると
こんなに尖った山に登った
なんて信じられない

下山後はマチュピチュ遺跡を見学
子供たちは正直
疲れきって半分魂ぬけて
ましたが…

e0199080_11471639.jpg


山から石を運び加工し
ぴったりと組み合わせ
水路を作り雨水を利用
段々畑を利用して高地でも育つ
じゃがいも、キヌアなどを栽培し
風通しのよい貯蔵庫で保管
文字のない時代に
ここまで工夫した人々の
素晴らしさを感じました

また太陽を神とする
インカの人々
太陽の光を考えて窓を作った
神殿や日時計など
宗教的な意味あいが
含まれた遺跡がたくさん
あります

スペイン軍の侵略により
滅亡してしまった後
こうして今でも
守られ残っている
インカの人々の知恵と技術の
高さを実感しました

写真などで良く見かける

晴れ渡るマチュピチュは

とても素敵な景色ですが

雲間に見えるマチュピチュも

また幻想的で希少価値

があるのではないかしら



子供達が学校の授業で
学ぶ時に
あ~ここ行ったなぁ~と
思い出してくれたら
いいけどなぁ


それにしても
ぐったりと疲れた1日でした

日本から行く方は
時差がかなりあり
標高差もあるので
高山病にかかる人も
いるようです
ムリのない予定で
行く事をオススメします














HPはこちらお問い合わせはこちら


[PR]
by mamiscuisine | 2018-01-11 12:27 | Comments(0)

Happy New Year


Buenas tardes
南米Colombiaより
異国の地での
生活と手作りスィーツを
ご紹介しています
Mami です








e0199080_01460429.gif


明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

大晦日は朝5時に起きて
唯一放送されている
NHKの紅白を観て
楽しみました

ボゴタの人々は
田舎の別荘へ
長期でVacationに
行く人が多いので
街はとっても静かな
年末年始です

初日の出は曇りで見られず…
初詣に行く場所も
ありません

お節を作ろうにも
材料が足りなさすぎ
なので
こちらは日本食レストランに
おまかせ

せめてお雑煮くらいはと
日本のお正月の
雰囲気を

やっぱり日本人
どこにいても
日本の味が
ほっと落ち着きます




HPはこちらお問い合わせはこちら


[PR]
by mamiscuisine | 2018-01-11 01:59 | お家で | Comments(0)

Happy Birthday

Buenas tardes
南米Colombiaより
異国の地での
生活と手作りスィーツを
ご紹介しています
Mami です



2017年大晦日
息子が16歳のバースデーを
迎えました



e0199080_00224687.gif


最近ようやく
お菓子作りに
興味を持ち始めた
娘と一緒に
ケーキ作り



リクエストを聞くと
迷わず
「ショートケーキ」
なんだか嬉しい



私もかなり
手を出しましたが
上のデコレーションは
ほぼ娘が担当



ニコニコ顔で
キャンドルを
吹き消す姿は
まだまだ可愛い



海外生活に馴染むには
なかなか難しい
お年頃だと思います



彼なりに感じ
将来よかったと
思ってくれたら
嬉しいです



まだまだ幼い息子ですが
16歳に向けて
目標を発表してくれました



私もママ16歳
あっという間だったなぁ~
つい出してしまうお口を
チャックして
彼を見守っていきたいと
思います













HPはこちらお問い合わせはこちら


[PR]
by mamiscuisine | 2018-01-11 00:36 | お家で | Comments(0)